本文へ移動

体動センサー

体動センサー

マットレスの下に設置したセンサにより、体動(寝返り、呼吸、心拍など)を測定し、入居者様の睡眠状態を把握します。

体動センターを活用することでケアプランの改善やスタッフの業務負担軽減、入居者の生活習慣の改善などにつながっています。

センサで得られた入居者様の状態を、パソコンや携帯端末でリアルタイムに確認することができます。

また、予めお知らせの設定をすることで、入居者様の状態変化があった場合はその情報を各端末に通知することも可能です。
これらの機能を活用することで、入居者様やスタッフにとって安心な見守りとタイムリーな介護をサポートしてくれます。
パソコンなどの端末で、施設の各入居者様の状態をリアルタイムに一覧で表示されます。

夜間、各入居者の睡眠や覚醒状態を確認することで、スタッフは効率的に適宜必要なケアを提供することができるようになりました。

体動センターを導入したことで…

1.目が行き届く安心な見守り
居室での「睡眠・覚醒・起き上がり・離床」が分かるので、スタッフの少ない夜間も入居者の状況に合わせた介護・見守りが可能になりました。

2.入居者の生活や行動に合わせた介護
目が覚めている時に介護をすることで、介護の優先順位づけ、入居者様の安全・安心、満足度の向上につながっています。

3.スタッフの労働環境の改善
居室での状況が見える化されることで、行動の変化が予測できるようになりスタッフの精神的負担を減らすことが見込めます。また、無駄な訪室回数を減らすことができ、効率的な業務がおこなえるようになりました。

職員の声

●入所者様の心拍増加などのアラート発生したため訪室し、検温してみると発熱していたことなどがあり、異常時の早期発見ができるようになりました。
●睡眠データを確認することで、個人の睡眠状況を把握できるため、夜間時のおむつ交換などもわざわざ眠っている入所者様を起こすこともなくなりました。
●入所者様の睡眠状態の確認、心拍、呼吸の確認が手元で確認できるため、特に夜勤時の精神的負担が軽減していると感じています。また、それらのデータを使用して、ケアの向上につながっています。
●離床検知された際に、カメラ画像が端末機(スマートフォン)で確認できるため、その時々の状況に応じた対応が可能になっています。
●事故が発生した際の分析にも活用できています。
●巡視の回数が減らすことができたため、無駄な動きを減らせており、業務負担の軽減につながっています。
●訪室することなく入所者様の状態確認ができるので、無理に訪室して入所者様が不穏になることがなくなりました。
信和会
〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内2752
(特別養護老人ホーム住之江)
TEL.0985-37-0228
FAX.0985-37-0190
TOPへ戻る